開発プラクティス

デブサミ 2016 資料公開

セッション資料を公開します。 ビジネス駆動開発からソフトウェア駆動ビジネスへ #devsumiB 19-B-6 from Tomoharu Nagasawa 講演後の ask the speaker にもたくさんの方にお […]

講演の予定

ここで現時点でお伝えできるもの (※告知前のものや非公開のもの、プライベートセミナーは載せていません) をまとめておきたいと思います。 ※今後も、この URL のページを更新していこうと思いますので、関心ある方は、ブック […]

ソフトウェア構成管理(SCM)の入門資料

ソフトウェア構成管理(SCM: Software Configuration Management)についての入門となる資料を公開します。 2015年12月18日に、日科技連 (JUSE) 様の SQiP 研究会の特別講 […]

DevOps ビジネス駆動ムーブメントとしてみた簡単なアニメーション

DevOps については、私は、ビジネス駆動なムーブメントであると考えています。それをアニメーション付きの絵にしてみました。 DevOps ビジネス駆動ムーブメント from Tomoharu Nagasawa on V […]

増刷『C#実践開発手法』

6月に発行され、某先行販売でトップの販売実績、コミュニティでの読書会も開催いただいている本書ですが、出版社様より、増刷決定のご連絡をいただきました! 本書はアジャイルプラクティスとSOLID原則を丁寧にかつ、具体的に解説 […]

改めて『ビジネスとITの関係』の資料について

皆さんは、以下の図をご覧になったことはないでしょうか。 この図は、長沢が 2011年に作成したものです。一番はじめにこの図を発表したのは、記憶が確かならば、2011年秋に開催された X-over Development […]

『C#実践開発手法』を監訳

更新情報 Amazon で購入の場合: 紙媒体 | Kindle 関連インタビュー: ITpro 「アダプティブコード」でビジネスのリズムにソフトウエア開発を同調させよ 関連投稿: サンプルコードをSourceTreeで […]

最短距離で課題に取り組む近道 ~ JIRA と HipChat による新たなるコミュニケーション

JIRA と HipChat の連携 以前からもご紹介しているように JIRA と HipChat を連携させると、JIRA での課題の作成から、ワークフローの状態遷移まで HipChat のグループ用のルームに通知を送 […]

コラム「要求の変化に適応できる現場」(Build Insider) を書きました

Build Insider でコラム連載をしていますが、今回は、「要求の変化に適応できる現場」について書きました。プロジェクト運営とコーディングテクニックの両面にフォーカスをあててみました。 この流れは、本日から先行販売 […]

Agile Japan 大阪サテライト「アジャイル開発への架け橋」資料公開

セッション資料を公開 セッション資料を公開しました。 ビジネスとソフトウェア開発現場の架け橋 〜 なぜアジャイル? #AgileJapanOsaka from Tomoharu Nagasawa 何かのお役に立てたら幸い […]

モダンなチーム開発環境のフリー利用可能な資料 [改訂版]

変更履歴: 2014.10.3  初版を公開 2015.02.24 Developers Summit 2015【20-B-4】での改訂を反映した (関連記事およびセッション資料 | デブサミサイト) ダウンロード 【p […]

おさえておきたいモダンなチーム開発を支えるツール連携【デブサミ 2015】(資料公開) #devsumi

資料を公開 ご参加くださった皆様、ありがとうございました。 今回は、 「正しい立ち方」 「俯瞰して『観る』」 「おもてなし」導入法 を織り交ぜながら、チーム開発のツール連携のリポジトリのパターンと、連携の成熟度レベルとい […]

仮面ライダー鎧武で学ぶ今どきの開発現場

  フルーツと錠前と武将というありえない組み合わせでも話題になった第15代平成仮面ライダー、仮面ライダー鎧武は、デベロッパー戦国時代を戦う開発者、開発現場にとって、学ぶべきものが多い教材です。ちなみに、「鎧武」 […]

より密接にコードリポジトリと連携する継続的インテグレーション Bamboo

  Bamboo Bamboo は、Atlassian が提供する継続的インテグレーションと継続的デプロイメントの製品であり、サービスです。オンプレミスでも、SaaS でも利用することができます。 Bamboo […]

KDDIさんのアジャイル、開発環境への取り組みが熱い

KDDI さんのサービス開発への取り組みが熱いです。とりわけ、内製化へ進む中でのアジャイルや開発環境の整備について、日本の多くのユーザー企業さん、サービス提供企業さんにとって参考になることが KDDI Cloud Blo […]