Windows 10 に Docker Toolbox をインストールし、Docker コンテナを実行する

【 この記事は、6600人に読まれています】

Docker のコンテナを Windows 上(Docker クライアントは、Windows で、Docker コンテナは Virtual Box 上の Linux)でいろいろやりたかったので、セットアップをしてみました。これはそのログです。Windows 10 で実行した理由は特にありません。そこに Windows 10 環境しかなかったからです。

 

必要なものを入手


Windows に Docker 環境をセットアップする方法はいくつかあります。たとえば、Windows パッケージマネージャである Chocolatey を使うこともできます。

今回は、Docker Toolbox で必要な環境を整えてみました。

Docker Toolbox は、以下からダウンロードできます。

こちらで、[Download (Windows)] ボタンをクリックすると最新の Docker Toolbox の Windows 版を入手できます。

Docker Toolbox には、以下のものが含まれます。

  • Docker Client
  • Docker Machine
  • Docker Kitematic (α版)
  • VirtualBox
  • MSYS-Git

ちなみに、セットアップの詳細は、オンラインドキュメントにまとまっています(英語)

Toolbox をダウンロードしたら、セットアップを実行します。完了すると、上記のものがインストールされています。

 

自分で実施した設定


以下は、環境によって異なるかもしれませんので、参考ということで。

Docker コマンドの PATH がユーザー環境変数にセットされていたので、自分でシステム環境変数にセットしておきました。また、MSYS-Git を独自にインストールしてあったのですが、それがアンインストールされてしまい、別物がインストールされてしまったので、自分でセットアップしている MSYS-Git を再度インストールしなおしました(Gitのコマンドの PATH もセットされなかったかも?)。

また、この時点で、Docker Qucikstart Terminal にて「docker run hello-world」を実施したところ、エラーとなったため、以下を参考にしながら、

VirtualBox の Extention Pack を入手し、インストールしました。Docker Toolbox ではインストールされない?

 

Hello World の実行


これで無事に「docker run hello-world」で、Hello World コンテナを実行できるようになりました。

image
 

Docker Hub


さて、ここまでうまくいったならば、次は、Docker Hub からコンテナイメージを探して実行してみましょう。

ちなみに、Atlassian が提供する Docker コンテナイメージは、以下にあります。

現時点で提供されているものは、以下です。

  • Stash
  • Bamboo Base Agent
  • Bamboo Java Agent
  • Ubuntu Minimal

Git リポジトリの Stash と継続的インテグレーションと継続的デプロイメントの Bamboo のエージェントを提供しています。

 

Atlassian Bamboo Java Agent の実行


詳細は、こちら に記載されています。

Bamboo Java Agent を使うと以下の環境が提供されます。

  • Bamboo Agent
  • OpenJDK 7
  • Git, Mercurial, CVS, Subversion
  • Maven 2, 3
  • Ant

まず、Bamboo Java Agent のイメージを pull して取得。

image
しばらくすると完了します。

image
そして、docker run で実行です。

image
Bamboo には docker を活用するタスクを設定できますので、このエージェントにビルドやテスト、デプロイのタスクを実行させることができます。

【 この記事は、6600人に読まれています】

コメントを残す