Excel 方眼紙から Forguncy へ

【 この記事は、1488人に読まれています】

Excel 方眼紙


皆さんは、「Excel 方眼紙」をご存知だろうか?そうだ、表計算ソフトである Excel のセルを方眼紙に見立てて、レイアウトするアレだ。

表が組みやすいため、いわるゆ帳票のレイアウトができるので重宝され、今ではアプリケーションのユーザーインターフェイスの設計でも使われるアレだ。

 

Excel 方眼紙の課題


Excel 方眼紙の特長は以下であろう。

  • 誰でも見られる、使える Excel だゼ
  • マス目に合わせるという日本人好みなスタイル
  • 某○○社指定書式
  • ファイルを移動するだけであら不思議(以下、略)

では、Excel 方眼紙の課題といえば以下が挙げられるだろう。

  • ビューとデータが一体
  • 増えていくファイルや、見知らぬ兄弟たち
  • つきまとう二重、三重管理
  • なんともいえない重加速感(通称、どんより)

もちろん、ここで挙げたのは一例にすぎない。Excel 方眼紙は素晴らしいエクスペリエンスとともに、素晴らしい苦痛も与えてくれるわけだ。

 

Forguncy


Forguncy は、グレープシティ社が手がける。グレープシティといえば、VB の時代からコンポーネントを提供するベンダーとして有名だ。

そのグレープシティが、Forguncy というぼくらに馴染みのあるアレな匂いのする製品を提供しはじめたのだ。

 

Forguncy @ ITpro EXPO 2014


ITpro EXPO 2014 に、グレープシティ社の著名なプロダクトマネージャ、やり手のマーケティングマネージャさんがいらっしゃったので、聞いてみた。

普段は、開発者向けの製品を紹介するため ITpro EXPO には初の出展であったとのこと(因みに、私の所属するアトラシアンも初出展)。しかも今回は、Forguncy 一本での出展とのことだ。

Fouguncy は、IT 業務に携わる人なら、開発者ではなくても、IT にあまり明るくない人であっても役に立つソリューションになるし、知ってもらうことで幅も広がる。

そう、だって、Forguncy は、アレ(Excel 方眼紙)がごとく、アプリケーションを作成できるソリューションであるから。

Excel 方眼紙で書いた画面設計や、帳票を扱ったことがあるなら、それを以下のようにしたいという欲求にかられるのは自然であろう。

  • このつきまとうデータを分離したい
  • 同じような帳票つらい
  • Web アプリ化したいのに
  • Excel からはなれたい

そこで、Forguncy だ。Forguncy は以下の特長があると読み取った。

  • あの Excel 方眼紙と一緒だ!
  • あの Excel 方眼紙を読み取れる!
  • あの Excel 方眼紙が報われる!
  • あの Excel 方眼紙から解放される!

なんのことだか、少し解説しよう。

Forguncy は、Excel (方眼紙) ライクなインターフェイスで、Web アプリケーションの画面とデータ設計を行えるようになっている。

要するに、Excel 方眼紙と同様に設計することで、ビューとデータを分離した Web アプリケーションを生成してくれるソリューションだ。

あの Excel 方眼紙の .xlsx ファイルを読み取る機能も付いている。すなわち、あの帳票をそのレイアウトのまま、Web アプリ化してしまうことができるのだ。

しかも、大好きな Excel のセル型や、リストビュー、さらには、323種類の Excel 関数がそのまま使えるというではないか。

また、さらに、Web アプリの画面をそのまま、大好きな Excel ファイル形式で出力する機能も有しているという。

 

衝撃の詳細はこちら


ここまで読んでみて、「なんですと!?」「脳細胞がトップギアだゼ」と思った方、「うーん、ちょっとよくわからないな」「頭の中にまだ泥が詰まっているみたいだ」と思った方は、ぜひ Forguncy のサイトをみてもらいたい。

www.forguncy.com


Forguncy のコンセプト、そして特長をみることができる。

私は、ITpro EXPO の展示会場にて、プロダクトマネージャーの八巻さんから直々にお話しを聞くことができた。それだけではなく、衝撃のライブデモをみせてもらったのだ。

IMG_4094
これは、ブログに書くしかない!と思って書いた記事がこれだ。

因みに、グレープシティさんからは、Forguncy のロゴ入りの素敵な方眼紙メモパッドをいただきました。「この方眼紙で画面レイアウトを手書きしたら、Forguncy でスキャンしてアプリ化できてほしい」と悪ノリで機能追加のリクエストもさせていただきましたw

さぁ、おまえの書いた Excel 方眼紙の数をかぞえろ!(「さぁ、おまえの罪を数えろ!」から)

 

 

 

【 この記事は、1488人に読まれています】

Posted in ツール and tagged .

長沢智治

アトラシアンのシニア エバンジェリスト。

ALM, アジャイルなどの開発プラットフォームの訴求を中心に活動している。認定スクラムマスター、ASTER テストツールWG、『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』『C# 実践開発手法』の監訳、Agile Ultimate Stories Iteration 1,2,3,4,5 など寄稿、共同執筆多数。

コメントを残す