時代にあったソフトウェア開発に邁進するためのお作法 #gxptech

【 この記事は、1540人に読まれています】

<追記>

ご参加いただいた皆様、ご清聴ありがとうございました。何かお役に立っていれば幸いです。セッション資料を公開しておきます。




講演のご依頼や、ご質問、感想、フィードバックは、お気軽に。


</追記>

2014年7月11日 (金) 17:00 開催のグロースエクスパートナーズ (GxP) さんのセミナーで講演します。私のセッションは、前説のようなスタンスです。45分間でカジュアルにお伝えしたいと思っています。

ソフトウェア開発でのツール活用と実プロジェクト事例

~プロジェクトでの開発を効率的にするツールと、その実践テクニック~

日時: 2014/7/11 (金) 17:00 – 20:30

会場: グロースエクスパートナーズ株式会社 (東京・新宿)

参加費: 無料 ※事前登録制

対象者: ソフトウェア開発において、

  • ツールを活用し、効率化を図りたい方
  • 課題管理を実施したい方
  • アジャイルの手法を取り入れたい方
  • 課題とGit等を連携させてトレーサビリティをとりたい方
  • アトラシアン製品に興味のある方
主催: グロースエクスパートナーズ


私のセッションは、「時代にあったソフトウェア開発に邁進するためのお作法としてのアトラシアン ソリューション~全体像とデモンストレーション」と題して、全体感を知っておく必要性に軽く触れたうえで、企画から計画、開発、ビルド、デプロイまでの一連のデリバリーのサイクルをデモでご覧いただこうと思っています。一気通貫とはこういうことだ!というのを体感いただこうかと思っています。

Software Delivery Cycle with Atlassian Products
Screen Shot 2014-07-10 at 16.33.17 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.33.25 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.33.37 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.33.45 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.33.54 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.34.03 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.34.11 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.34.23 (2) Screen Shot 2014-07-10 at 16.34.31 (2)
時間があったら、アディショナルとして全体を補完する Confluence Questions, JIRA Service Desk のソリューションについてもデモしようかなと思っています。

私の前説のあと、いよいよこの日のメインとなる、事例セッションです。

ジープラ 開発推進室 室長の田口さんの「エンタテインメントコンテンツ開発チームを支えるコラボレーションの導入と運用事例紹介」のとても楽しみにしています。JIRA, Confluence を変化とコラボレーションが頻繁に起こる現場さんでどのように活用しているのかはもちろんですが、価値ある現場を知る機会にもなると思っています!

GxP 関さんの「マネジメントにおいて、知っておくべきツールを活用したアジャイル開発の実践事例」も興味深いです。関さんは、POStudy などの主宰もされており、積極的な活動を本業で活かしていらっしゃいます。そこでのマネジメントについてツールを交えた話が聞けるのはこれまた価値あることです。

そして、「調整中」セッションも気になります。誰のどんなお話が聞けるのか?今から楽しみです。

ぜひ、ご参加ください。気軽なコミュニケーションをさせていただければ!

 

P.S.

私は、終了後に GxP オフィス近くにある海水魚ショップへ行く予定ですw もし、開始前に買い物してしまった場合は、セミナー会場に磯の香を持ち込んでしまうかもしれませんw

【 この記事は、1540人に読まれています】