【 この記事は、1342人に読まれています】

セッション資料を公開しました。

DevOps については、メディア、実践者、実践していない人がいろいろな文脈で情報発信する状況になりました。そもそも DevOps はなんでしょうね、そして何をやったら DevOps でしょうね、さらに、DevOps って「やる」べきなの?「なる」べきなの?もっと地につけていないと溺れるだけです。これは、DevOps に限らずです。そのあたりについて、いくつかのワークも行いながらお伝えしたつもりです。

製品や技術に偏りするぎると見失ってしまうものもあります。要はバランスなのですが、みなさんには尊い「現場」があります。そのコンテキストでトレンドや技術、ワークスタイルを見ていただくきっかけにしていただければなと思ってお話ししました。

自社製品の話を一切しなかったことを何人かの方に心配いただきましたが、別に Microsoft が絡んだイベントだから遠慮したわけでもなく、いつものスタイルです。ご心配なくw

文脈や動機は多少違えど、こういったお話は、IT企業以外の企業様むけにもお話させていただく機会も増えてきています。デブサミ 2016 でのお話しにもつながっていきます。

また、「チーム開発」に関するフォローアップ勉強会を開催します。ぜひ、ご都合つく方はご参加ください。首都圏以外でも実施が必要でしたらお気軽にお声がけください。近い距離で実施したいと思っています。

以下の資料も合わせてご覧ください。


2016年2月20日 (土) に札幌で開催される Sapporo ComCamp 2016 で「これだけ DevOps」というセッションタイトルで講演させていただくことになりました。

これだけDevOps

Sapporo ComCamp 2016

開催日時: 2016年2月20日 13:00 〜 19:00
開催場所: 札幌 ユビキタス協創広場 U-cala
主催: CLR/H
参加費: 無料 (勉強会のみ)、有料 (勉強会 + 懇親会)
参加登録: 事前登録制

【詳細および参加登録】

2016年2月19日には、デブサミ  2016 で講演します。その講演を終えたら、札幌入りして、この講演に備えます。久しぶりの札幌での講演です。私の講演は、Microsoft 技術には依存しませんので、いろいろな方にご参加いただき、意見交換などをさせていただければと思っています。もちろん、懇親会にも参加をします!

 

 

【 この記事は、1342人に読まれています】