デブサミ関西を終えて ~ 価値のパイプラインできてますか? #kansumiA2 #kansumi #devsumi

【 この記事は、1332人に読まれています】

このブログは、Atlassian Summit 2014 が開催されている米国サンノゼにて書いています。渡米する2日前に開催されたデブサミ関西では、セッションとブースを一人でこなしてみました。

 

セッション


セッションは、事前登録で、早々に満席御礼となりました。そして当日も満席!そして、立ち見いただいた方多数となりました。

さて、セッション資料ですが、すでに公開済みです。




セッションでは、デモンストレーションも行ないました。企画、計画、開発、ビルド、デプロイの価値のパイプラインをすべてご覧いただきました。

この環境を作るのに、10名未満のチームなら、5,000円で済みます。

デモについては、今回最新環境をつかい、Git ブランチ作成や、プルリクエストの発行、プルリクエストの承認と同時にステータスも遷移し、Kanban 上で移動されるところもご覧いただきました。

開発者は、シンプルなフローに従うと、チームで共同所有の意識が高まりつつ、煩わしい作業から解放されます。価値に向かって開発者もテスターも、マネージャーも注力できるのが特徴です。

最新でどういうことができるのかは、ご要望いただければ、このブログでも画面ショットつきで紹介したいと思います。ちなみに、ハンズオンで実践いただくことも可能です。

 

ブース


今回のブースは、一人で運営をすることもありますが、改めてアトラシアン株式会社というものを知っていただくことに注力しました。従って個別製品の宣伝もデモもしませんでした。Tシャツとボールペンをプレゼントしながら、基本的には雑談して過ごしました。ブースにお越しくださった方々、雑談してくださった方々、ありがとうございました。

セッション後、ブースでも、10社くらいに現場訪問の打診をいただきました。可能な限り対応したいと思いますので、打診くださった方々も、これを見て関心を持った方々もぜひお気軽にお声がけください。すべて無料で日本全国出向きます。アトラシアン製品の使用有無も問いません。

IMG_3649
 

IMG_3652
 

スピーカー集合


今回のデブサミ関西では、スピーカー陣の数名が前日に厳しい合宿 (?) を行いました。その模様を写真で公開しておきましょう。

IMG_3640
 

IMG_3642
 

IMG_3646
非常に厳しい合宿でしたw

【 この記事は、1332人に読まれています】

コメントを残す