[プレゼン道場] 図形の合成を活用せよ – パワポ職人芸 Vol.1

PowerPoint で直感と説得力を増す方法


はじめに、パワポこと、PowerPoint は、実に奥が深いです。単純な機能でも組み合わせや使うタイミングによってプレゼンテーションを格段によいもの(=納得力のあるもの、正しく直感的に理解させるもの)に仕上げることができます。

普通に PowerPoint 使ってプレゼンしているだけってことありませんか?文字を箇条書きしているだけとか。私のプレゼンでは、直感的にわかる表現や、アイコンを多用しています。よくこれらについて質問を受けます。

あれだけの表現をすると色の変更や線の表現、印刷用の白黒表現とかケアが大変ではないか、あのアイコンみたいなのは、どうやって作っているのか?デザイナーに依頼しているのか?と聞かれるわけです。
私のプレゼンで使われている表現はほぼ自作です(すべて自作ではないですが)。しかもそんなに手間をかけていません(といってもいろいろとコツはあります。コツは記事後部のプレゼン道場 記事一覧からアクセスください)。

PowerPoint でアイコンやインフォグラフを作成


 

imageimageimage
ここで挙げた「ドア」を図形の合成で作ってみることにしましょうか。ここで使う図形は、「四角形」、「平行四辺形」、「円」、「矢印」です。想像できますねw そうです、図形の合成で作成する図は、図形を活用しているのであらかた想像がつきます。


あえて、塗りつぶし色分けしてを透過にしてみました。これだと各パーツがどう配置されているかわかりますよね?「平行四辺形」だけ、すこしななめにしているのがわかります。

あとは、以下のように図形の単純型抜き合成を駆使します(PowerPoint での設定方法とやり方は後述します)。


赤い「四角形」から、オレンジ色の「四角形」を単純型抜きしました。


次に、「平行四辺形」から「円」をこれまた単純型抜きです。


右側の青い「四角形」以外をすべて選択して、図形の接合です。もうこれでほぼ完成ですね。最後に、少し図形がはみ出た部分を図形の単純型抜きで調整します。


完成です。これがひとつの図形です。したがって、こんなことができてしまいます。


エフェクトも利かせられますので、反射や、3D、影も自在です。これを白塗りにして、背景に四角形を青塗で配置すれば、上記のドアが完成するということになります。

図形の合成


これらをやりたい場合は、「図形の合成」を覚えましょう。PowerPoint 2010 でのやり方でご紹介します。このテクニックは、PowerPoint 2011 for Mac でも使うことができます。

※図形の合成は、PowerPoint 2010 以降で実施できます。PowerPoint 2011 for Mac, PowerPoint 2013 では標準機能としてメニューやリボンから通常操作でアクセスできます。要するに必須のテクニックです。

 

PowerPoint 2010 での設定方法


え?「そんな機能はない」って?いえいえ、ちゃんとあります(以降、PowerPoint 2010 での利用手順です)。

PowerPoint の「オプション」を開きましょう。え?そんなものないって?そういう方は、次の2つのアプローチのどちらかをまずは、覚えましょう。

  • 「ファイル」⇒「オプション」⇒「リボンのユーザー設定」
  • リボンUI上で右クリック⇒「リボンのユーザー設定」

image
このような画面が開きます。

PowerPoint 2010 では、「図形の合成」は、デフォルトでは、表示されていませんので、リボンや、クイック アクセス ツール バーに追加してあげる必要があります。

たとえば、「ツール」タブの「書式」で図形の状態を変えたりしますので、ここに「図形の合成」を表示させるには、

右側の「リボンのユーザー設定」で、「ツールのタブ」を選択し、「描画ツール」の「書式」を選択します。そこで、「新しいグループ」ボタンをクリックします。「新しいグループ(ユーザー設定)」ができます。名前は、名前の変更で変えられますので、適当な名前を付けてください。

image

次に、左側の「コマンドの選択」で、「リボンにないコマンド」を選択します。下部のリストボックスの中に、「図形の合成」があります。

image

これを「追加>>」ボタンで追加します。

image

これで「OK」ボタンにて設定完了です。

図形を選択し、「書式」タブをクリックするとちゃんと表示されます。

image

おやおや、でも利用可能にはなっていませんね。グレーアウトされています。

この機能は、「図形を合成」しますので、複数の図形を選択した状態でなければそもそも機能しません。

image

このように、複数の図形を選択している場合は、機能します。ためしに、「図形の単純型抜き」をやってみましょうか。

image
このように、四角い図形から、丸い図形が型抜けされました。

 

PowerPoint 2011 for Mac での利用


PowerPoint 2011 for Mac の場合はどうでしょうか?実は設定いらずです。図形を選択したら、コンテキストメニューの「グループ化」に最初からこれらの機能が盛り込まれています。

 
 

PowerPoint 2013 での利用


PowerPoint 2013 でも標準で機能が使えるようになっています。

図形を複数選択し、「描画ツール」の「書式」タブに、「図形の結合」という項目があることがわかります。

Screen Shot 2014-07-08 at 11.30.33
 

まとめ


この方法を使うことで、より表現力の高い図形をつくりだし、活用できるようになります。ちなみに、これらは図形にしか適用できません。また、図形にテキストを入力していたり、事前にグループ化してしまっている図形は合成できませんのでご注意ください。

 

実演 (笑)


実際にやってみたところを 無音声の動画 にしてありますので、興味を持った方は、ご覧くださいw

 

実例


私が実際に当たり前のように駆使しているプレゼンテーションのいくつかをここでもご紹介しておきます。このくらいならば、普通にプレゼンテーションスライドを作成する手間の範疇で誰でも行えます。













 

プレゼン道場 記事一覧:

Comments are closed.