「一日に100回デプロイできる開発環境の作り方」プロ生松山 セッション資料公開 #pronama

【 この記事は、1571人に読まれています】

講演資料を公開しておきます!



 




 

さて、講演でもお話しをさせていただきましたが、アトラシアンのユーザーさんによるコミュニティである Atlassian User Group というのがあります。日本には東京・大阪・名古屋にありますが、四国(やその他の地区でも)もし、ユーザーグループをされたい場合は、ぜひお声がけください。無料のツール/サービスも多くあることからユーザー同士のコミュニケーションを活性化できればと思っています。スライド中にアトラシアンから提供できるお手伝いについても書いてあります〜。

スクリーンショット 2014-06-14 15.38.17
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

来る 2014年6月14日 (土) に四国 愛媛県松山にてコミュニティイベントにて講演いたします。

プログラミング生放送勉強会 第29回@松山


まだ、何を講演するかは決めておりませんが、簡単なワークショップで体感もしてもらいながら、ソフトウェア開発環境を整える必要性と具体的なデモでの理解をしていただこうかなと思っています。Web な人が多いと聞いていますので、Web アプリの継続的デリバリーを実演しようかなと思ってます。

松山は、2012年に Agile459 で講演させていただいて以来となります。

6682561531_c1ecf3fecc_b
写真は、Agile459でのひとときですw 四国ということだと、昨年のオープンセミナー徳島以来です。

残念ながら、今回の遠征では、講演当日の夜の便で東京へ戻らねばなりません。ですが、前日入りを予定していますので、以下を募集します!

 

6/13 訪問先募集!


 

前日の金曜日 14:00 以降にて、訪問させていただける会社さんを募集させていただきます。できれば以下の目的にマッチしているとうれしいです。

  • 四国や西日本地区でアトラシアンのエキスパート  (パートナー) さんに関心のある会社
  • アトラシアン製品を活用している現場を見学させていただける会社
  • その他(講演のご依頼など)

アトラシアンでは、日本の現場をよりよいものにするために一緒に盛り上げてくださるパートナーさんを常に探しています。アトラシアン製品の単なる代理店はいりません。アトラシアン製品を足掛かりにして、自社のサービスでバリューを提供してくれるような会社さんを探しています。

たとえば、アトラシアン製品を日ごろから使っていて、そのノウハウを含めて外販のような形でアトラシアン製品+プロフェッショナルサービスとして事業展開を考えたい会社さんや、自社の製品やサービスにアトラシアン製品をプラスすることで相乗効果をだし、お客様により高いバリューを提供したいと考えている会社さんが理想です。もちろん、これからアトラシアン製品に絡んだ事業を考えたい会社さんでも構いません。

アトラシアンのエキスパートさんについては、先日も書きましたので、参考にしてください。

アトラシアン製品の購入方法とエキスパートさんの探し方


 

6/13 夜のうたげ


 

前述のように当日に東京へ戻らないといけないため、懇親会に参加が難しい感じです (1時間くらいいられる?)。

悔しいので、前日の 6/13 に集まっていただける方々と飲みに行ければなぁなんて思ってます。

 

 

【 この記事は、1571人に読まれています】

Posted in お知らせ, ツール, 講演資料, 開発プラクティス and tagged , .

長沢智治

アトラシアンのシニア エバンジェリスト。

ALM, アジャイルなどの開発プラットフォームの訴求を中心に活動している。認定スクラムマスター、ASTER テストツールWG、『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』『C# 実践開発手法』の監訳、Agile Ultimate Stories Iteration 1,2,3,4,5 など寄稿、共同執筆多数。

Comments are closed.