これからのプロジェクト管理の展望について講演しました【資料公開】

【 この記事は、3590人に読まれています】

2014年6月11日に開催されたリックソフトさんのセミナーで講演してきました。3月のセミナーとまったく同じタイトルのセッションでしたが、切り口、セッション資料はまったく違うものとしました。




 

皆さんの開発現場でのディスカッションのネタにでもなれば幸いです。

なお、デモでは、Confluence, JIRA ( JIRA Agile), Stash, SourceTree, Visual Studio, Bamboo, HipChat, Confluence Team Calendar あたりを使って企画から計画、開発、ビルド、デプロイの流れで、本番環境へデリバリーするまでの流れとそこでの追跡可能性と管理者、実践者の負担が少ないことをご覧いただきました。

その成果が、以下ですw

スクリーンショット 2014-06-11 22.22.38 ※これがデプロイした Web アプリの成果ですw

スクリーンショット 2014-06-11 22.31.01※こちらは、個々のタスクから、ブランチ、コミット、プルリクエスト、ビルド結果、デプロイ結果が見通せるレポートとトレーサビリティが開発の中で自然と収集され表示されていくところをご覧いただきました (by JIRA, JIRA Agile)。

スクリーンショット 2014-06-11 22.31.52※こちらはプルリクエストベースのコードレビュー (by Stash) 。詳細ボタンをもんげーボタンに書き換えましたw

スクリーンショット 2014-06-11 22.33.18※Staging, Production に自動デプロイされているのがわかります。ビルドとデプロイのフローは別管理でき、かつ連動できるし、タスクがコンポーネント化されているので最小限のスクリプト記述で実現できる裏方の Bamboo。地味ですがいい仕事してくれますよ。一押しです。

 

 

【 この記事は、3590人に読まれています】

One thought on “これからのプロジェクト管理の展望について講演しました【資料公開】

Comments are closed.