【資料公開】モダンな開発現場になるためのお作法としてのツール活用 #osh2016 

オープンセミナー2016@広島で講演をさせていただきました。 スポンサーでもないのに、多くのセッションでアトラシアン製品について触れていただいたおかげで、私はアトラシアン製品名をほとんど言わなくて済みました。 今回、お一 […]

DevOps, ビジネスでのタスク管理など最近のメディア記事

ここのところ、いろいろなところで取材いただいたり、エバンジェリスト活動のレポートなどでてきていますので、ここで共有をさせていただきます。 メディア メディア記事としては、以下のものでお手伝いをさせていただきました。 『テ […]

ソフトウェア構成管理(SCM)の入門資料

ソフトウェア構成管理(SCM: Software Configuration Management)についての入門となる資料を公開します。 2015年12月18日に、日科技連 (JUSE) 様の SQiP 研究会の特別講 […]

[T4T] 第1回「印刷業界の進行管理を学ぶ」開催レポート #t4tjp

Tools for Teams (略称 T4T) の第1回を11月4日に東京・大手町で開催できました。第0回を経てのスタートです。 今回は、第0回で名乗りをあげてくださり、スタッフにもなってくれた横田さんから以前印刷業界 […]

継続的デリバリーのデモ動画(無音声)を公開

一連の投稿で紹介してきたデモ環境、技術を使ったデモ動画(無音声)を公開しました。 20分程度で、企画から計画、開発、ビルド、テスト、デプロイをするところをご覧いただけます。 企画・計画 Confluence で共有してい […]

【詳細解説】モダンなチーム開発を支えるツール活用 1.1

はじめに 今回から、何回にわけて、上図で示した『価値のパイプライン』としてのツール連携によるモダンなチーム開発の実践を行うための解説をしていきたいと思います。以前からご要望いただいていたものを書いていきます。 すでに私の […]

T4T 第1回がついに開催!印刷業界の進捗管理から学ぶ! (東京・11/4)

T4T 01 Tools for Teams (略称 T4T, ハッシュタグ #t4tjp) ですが、先日の第0回を経て、ついに第1回を東京・大手町にて開催することになりました。 T4T では、開発チームに限らず、運用チ […]

第0回 T4T [総合] チーム × ツール 課題と知見の共有を開催しました(資料公開)

9月18日に第0回の T4T (Tools for Teams) を開催しました。 T4T は、Facebook グループやオフラインミーティングでスタッフ中心に意見交換をしてきましたが、この回にて、一般参加者を交えて意 […]

最短距離で課題に取り組む近道 ~ JIRA と HipChat による新たなるコミュニケーション

JIRA と HipChat の連携 以前からもご紹介しているように JIRA と HipChat を連携させると、JIRA での課題の作成から、ワークフローの状態遷移まで HipChat のグループ用のルームに通知を送 […]

Trello と HipChat を連携する

Trello Trello はタスクボードを提供してくれるサービスです。 私は、現在実施中のとある洋書の監訳作業用に Trello を使っています。シンプルなタスクボードを個人や少人数で軽量に運営するにはちょうどよいサー […]

モダンなチーム開発環境のフリー利用可能な資料 [改訂版]

変更履歴: 2014.10.3  初版を公開 2015.02.24 Developers Summit 2015【20-B-4】での改訂を反映した (関連記事およびセッション資料 | デブサミサイト) ダウンロード 【p […]

腐らない文書の作り方 – Confluence のアクション アイテムとタスク リストを活用しよう

もっと腐らないドキュメントへ Confluence によって、ドキュメント類は、構造化され、統制され、または、よりフレキシブルに、気軽に文書化されていくことができます。また、ソーシャルな機能である、「いいね!」やコメント […]

Slack と JIRA を連携する

JIRA と通知の効果 JIRA での進捗状況を通知する方法は多岐にわたります。メールで通知を受けるといったありがちなものから、HipChat や Slack などのグループチャットへの通知もあります (余談ですが、Hi […]

Bitbucket と JIRA を連携する

Bitbucket と JIRA による効果 Bitbucket と JIRA を連携させることで、チームで開発するだけでなく、開発チームの意向や状況を企画や運用といった関係者と共有できます。主な利点をあげると JIRA […]