JIRA の課題を印刷できるツール Task Card Creator

【 この記事は、2180人に読まれています】

JIRA の課題を可視化する方法として JIRA Agile による Kanban や Scrum のタスクボードがあります。

image
でも、印刷したい、印刷して付箋として、ホワイトボードにも貼り付けたいという想いもあると思います。いくつかツールはあると思いますが、面白いものを見つけたのでご紹介します。

 

Task Card Creator


 

先に言っておくと、もともとは、TFS 用の作業項目の印刷ツールです。オープンソースで、公開されています。

image
起動するとこのような感じとなります(Windows デスクトップアプリです)。

[Connect] ボタンをクリックすると、TFS または、JIRA の接続設定を聞いてきます。

image
この動きを見ると、TFS ではおそらく各バージョンのチームエクスプローラーが必要なのでしょうね。

「Atlassian JIRA (Experimental)」を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

image
ちなみに、そのまま [Load issues] ボタンをクリックすると、Atlassian の運営している jira.atlassian.com の課題を印刷することができますw

Generic Report は既定のレポートとなります。User Defined Report Sample とあるのは、ユーザーのドキュメント下に、「TaskCardCreator」というフォルダを作成し、同 CodePlex からダウンロードできる UserDefinedReportSample.zip をこのフォルダに展開し、カスタマイズすることで任意の出力をすることができるようになるということです。

image
上図は、私のデモ環境への接続です。課題数が多かったり、目的の課題を印刷したい場合は、JQL で指定することで絞り込みを行うことができます。

[Load issues] ボタンをクリックすると、

image
発行される課題数を知ることができます。

image
リボンメニューにある [Create] ボタンをクリックすることで、印刷用の課題カードのページを生成してくれます。

image
あとは、印刷するだけですね。

image
[Print] ボタンで印刷できます。

 

ちょっとした小ネタでした。

【 この記事は、2180人に読まれています】

One thought on “JIRA の課題を印刷できるツール Task Card Creator

  1. JIRA の課題を可視化する方法として JIRA Agile による Kanban や Scrum のタスクボードがあります。 でも、印刷したい、印刷して付箋として、ホワイトボードにも貼り付けたいという想いもあると思いま … via Re-WorkStyle.com | Re-WorkS

コメントを残す