実録!長沢のデモ環境を構築する手順 その4

【 この記事は、1368人に読まれています】

 

環境構築編つづき


今回は、各種の通知を HipChat で受け取れるそうに設定してみます。

今までの設定については、その1その2その3 をご覧ください。

 

JIRA と HipChat


まず、HipChat に管理者権限でアクセスして、API トークンを取得しておきましょう。これはどの製品との連携でも必要になります。

 

HipChat でトークンを取得


image
モザイクをかけているところに、トークンがあります。

タイプが、Admin と Notification の二つありますが、製品の要求するトークンに応じてください。

 

JIRA システム設定


次に、JIRA にシステム管理者権限でログインして、「システム」の「メール」にある「HipChat 設定」をクリックします。

スクリーンショット 2014-12-03 17.31.26
 

ここで、取得した管理トークンを入力して設定します。

スクリーンショット 2014-12-03 17.33.00
 

JIRA プロジェクト設定


プロジェクトの管理で、「HipChat」をクリックします。

こちらには、設定された通知情報が一覧になるので、この時点では、空のはずです。

次に、「ワークフロー」をクリックします。その2でワークフローを編集したのと同様に、「操作」にある編集アイコンをクリックし編集モードにします。

スクリーンショット 2014-12-05 10.19.13
各「トランジション」をクリックします(ダイヤグラム)で表示している場合は、以下のように状態遷移(トランジション)のラインをクリックします。

スクリーンショット 2014-12-05 10.20.50
どちらのアプローチでも、「事後操作」があるので、これをクリックします。

スクリーンショット 2014-12-05 10.22.08
「事後操作を追加」をクリックすると HipChat への通知がありますので、選択し「追加」ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2014-12-05 10.23.19
すると JQL での通知対象の条件抽出や、HipChat の通知対象ルームの選択、通知メッセージのカスタマイズの項目がでてきるので必要事項を入力します。

スクリーンショット 2014-12-05 10.24.33
これで、「追加」ボタンを押せば完了です。これをトランジションの数、また、ルームの数に合わせて追加作成していけば、状態の遷移とともに HipChat で通知を受け取ることができるようになります。

スクリーンショット 2014-12-05 10.31.02
最後にこの下書き状態のワークフローを「公開」することで、この設定がプロジェクトのワークフローとして機能するようになります。

 

Confluence と HipChat


Confluence と HipChat の連携は、アドオンでいくつか提供されています。Confluence にシステム管理者でログインして、「Find new add-ons」でキーワード「HipChat」で検索するといくつかできますので、特性に応じて選択してください。

スクリーンショット 2014-12-05 10.42.12
今回は、Atlassian 製のものを使ってみましょう(サポート対象外です)。インストールすると、構成に、「HipChat Configuration」現れます。表示されない場合は、ページを再読み込みして確認してみてください。

 

Confluence システム設定


Admin トークンを要求されていますので、HipChat の管理画面から取得した Admin トークンを入力します。

スクリーンショット 2014-12-05 10.46.21
 

Confluence スペース設定


スペースの管理権限のあるユーザーで、スペース ツールの「統合」をクリックします。ページの右端にスペース ツールへのアクセスがあります。

スクリーンショット 2014-12-05 10.49.13
「HipChat」タグにて、ルームと通知対象アクションのテーブルが表示されますので、適切に設定しましょう。

スクリーンショット 2014-12-05 10.51.00

Confluence から HipChat への通知


通知は以下のようになります。

HipChatnotificationfromconfluence

 

Stash と HipChat


通知をしたいリポジトリの管理権限のあるユーザーで、「設定」の「フック」を開きます。

スクリーンショット 2014-12-05 11.09.14
※アイコンの画像が壊れているのは気にしないでください。私の環境の問題ですw

「有効化」をクリックすると、HipChat のルーム名(または Room ID)と Admin トークンを聞かれますので、入力します。

 

Bamboo と HipChat


Bamboo からの通知は、CI プロジェクトや、デプロイプロジェクトの単位で Notification として設定できます。

Notification タブにて、[Add notification] ボタンを押します。

スクリーンショット 2014-12-05 11.19.05
スクリーンショット 2014-12-05 11.20.46
デプロイプロジェクトの場合は、以下です。

スクリーンショット 2014-12-05 11.22.54
 

スクリーンショット 2014-12-05 11.24.05
 

つづく


こんな感じでシリーズ化して書いていこうかと思いますがいかがでしょうか?不必要なコンテンツを量産するつもりはないので、ぜひぜひ忌憚ないフィードバックをいただければ幸いです。

Twitter: @tnagasawa    Facebook: Tomoharu.Nagasawa   email: tnagasawa @ atlassian.com

RT や いいね!、はてブでも構いません。

 


 

 

【 この記事は、1368人に読まれています】

コメントを残す