【 この記事は、314人に読まれています】

GitHub セキュリティ警告機能

昨年の GitHub Universe で発表され、JavaScript と Ruby で実施可能となったセキュリティ警告(Security Alerts)機能によってJavaScript と Ruby のパッケージにおける脆弱性などを開発者は察知することができるようになった。例えば、 CVE ID によってセキュリティ情報を知ることができる。

GutHub は、10月9日(現地時間)に新たな情報をブログにて公開した。今回の発表によって機械知能(Machine Intelligence)による強化などが挙げられている。

新たに Python も対象に

JavaScript と Ruby だけでなく、新たに Python もセキュリティ警告機能に対応したとのこと。

GitHub は git のリポジトリとしてだけでなく、ソーシャルコードのコミュニティとして、諸問題にも取り組む姿勢を積極的に示している。

情報ソース:

【 この記事は、314人に読まれています】